前回はここをクリック

今日から始めるファミコン! スーパーマリオ 攻略その3 中盤部分の攻略


ゴールを目指して

 

ここまで来たらあともう少し、右の高台をジャンプで登って行きましょう。

なお、スーパースターの無敵状態ですが、音楽が元に戻るとすぐに無敵が切れてしまいますので、スーパースターの音楽でなくなったら、体当たりはひかえましょう。

 

 

次の高台の間には穴がありますので、要注意です。

前々回と同じで、少し手前に戻り、歩いてからジャンプしましょう。

 

 

進めると、「?」ブロックの下にクリボー2匹と言う構図になります。

「?」ブロックを叩きたくなりますが、このブロックはコインなので、無理にとる必要はありません。

 

 

このように頭の上にブロックがある時に、ジャンプで踏みつけて、敵キャラを倒すと言うのはものすごくやりづらいです。前回の「二つのルート」で考えて、上から行くのがかんたんです。

ですが、ファイアマリオならもっとかんたん。ファイアボールでやっつけましょう。

 

 

時間制限と走り幅跳び

 

さあ、ゴールはこの高台のむこうです。ジャンプをして登っていきましょう。

なお、この辺で音楽が早くなった、と言う方もいるかも知れません。

このゲームではつねに画面右上の TIME の数字が減っていき、0になると 1ミスになってしまいます。

100を切ると、音楽が早くなるので、目安になります。いそいでゴールを目指しましょう。

とは言え、ここで音楽が変わったのなら、ゴールは目の前なのであわてなくて大丈夫です。

 

 

ようやくゴールが見えました。

あとはゴールにふれればステージクリアなのですが、せっかくなので、Bダッシュからのジャンプでクリアーしましょう。

 

 

少し左へ戻って、助走をとりましょう。そして、Bダッシュで右へ進み、下に落ちる手前の所でジャンプをします。

この時、右手の親指は、Bボタンを押さえながら、Aボタンをかぶせるように持ち、ジャンプの瞬間に、親指の内側でAボタンを押すことなります。

コントローラー BA 持ち方

この、「ボタンを押さえながら別のボタンを押す」の操作は、これから先のマリオシリーズでもひんぱんに登場しますので、ゴールの時に、毎回練習しておきましょう。

 

 

あまりギリギリでジャンプしようとすると、そのまま落ちてしまいますので、心持ち手前を意識して、踏み切りましょう。

これは、現実の競技の「走り幅跳び」をイメージしてもらえれば、分かりやすいと思います。

ゴールにふれるまでは、BボタンもAボタンも押しっぱなしです。

 

 

ベストの位置で踏み切れて、ゴールのてっぺんにふれると、5000点が入ります。

それより下側だと点数が下がってしまうので、毎回5000点を出せるようにしましょう。

 

 

これで1-1はクリアになります。次は1-2へと進んで行くのですが、少し補足説明をしておきたいと思います。

 

 

ミスしてしまった時は

 

前回も書きましたが、途中のファイアフラワーまでに敵キャラにあたって、ふつうのマリオになってしまった時は、わざとぶつかってやられて、最初からやりなおしましょう。

練習をかねたステージなので、どうせならフルパワー状態で進んで行きましょう。

 

 

しかし、ノコノコが登場したあたり以降でやられてしまった場合、この場所からスタートすることになります。ファイアフラワーのあったブロックの少し先の所です。

このゲームでは、各ステージにはこういった中間ポイントがあり、そこを超えると最初からやりなおさなくてもいいようになっています。(ステージによっては中間ポイントがない所もあります。)

 

 

基本的にありがたいシステムなのですが、練習をかねたこのステージでは、少々ありがた迷惑です(笑)。

前の穴に落ちてゲームオーバーになるか、本体をリセットをして最初からやりなおしましょう。

 

 

十字キーの上下

 

今まで、十字キーの右、左でマリオを左右に動かしてきましたが、スーパーマリオ状態及び、ファイアマリオ状態の時は、下に入れるとしゃがむことができます。

ちなみに、しゃがんでいる時はファイアボールが撃てませんので、要注意です。

 

 

このしゃがみは、大きさがふつうのマリオと同じになりますので、これ以降のステージで登場する、「マリオの頭の上を通過する敵キャラ」などをよける時に使われます。

左右に比べると、あまり使用しませんが、重要な動作の一つですので、ぜひ覚えておいてください。

これは、先のステージの敵キャラ「キラー」です。頭にあたっているように見えますが、しゃがんでいるのであたりません。

 

 

また、今まで登場した土管ですが、場所によっては入れるところがあり、この時も十字キーの下を使います。このステージでは1UPキノコの隠しブロックのある手前の土管に入れます。

 

 

中はほとんどが、コインのたくさんあるボーナスステージのようになっています。

 

 

右の土管から外にでると、一気にゴールの手前までショートカット(近道)できます。

ただ、練習ができないので、このステージでのショートカットはおすすめしません。

これ以降のステージでは、入ると何かと便利なことも多いですので、土管を見かけたら十字キーの下を入れて、入れるか確認してみてもいいでしょう。

 

 

十字キーの上は、これ以降のステージで登場する「ツタ」をのぼる時などに使います。

ブロックを叩いて「ツタ」が出現したら、つかまって、十字キーの上に入れればのぼれます。

ツタの先は、やはりボーナスステージになっていることが多いです。

 

 

ここまでのまとめ

 

これで「今日から始めるスーパーマリオ」の基本操作編は終了になります。

おつかれさまでした。

 

1-2以降もルールは同じで、当然だんだんと難しくなっていきますが、大抵のステージはファイアマリオを維持していれば、わりとかんたんにクリアできるでしょう。

 

しかし、1-3はアスレチック面と言われ、初心者には鬼門となっています。

ですが、練習した「タイミングをはかって、ジャンプする」さえ、できれば必ずクリアできるようになります。がんばりましょう。

次回から、各ステージの攻略のポイントを書きたいと思います。

 

余談ですが、このページを作っていて、思ったのですが、この1-1のステージは、テレビゲームの基本がすべてつまっているのだと、あらためて感心しました。

ファミコンの電源を入れると、必ず1-1からスタートしますので、自然に上達できるように設計されていて、なにより楽しい。

だからこそ、このゲームは世界的大ヒットになったのでしょうね。


 

続きはここをクリック

今日から始めるファミコン! スーパーマリオ攻略 その5 各ワールドのポイント#1