前回はここをクリック

今日から始めるスプラトゥーン2 初心者講座 その6 基本練習#3 イカジャンプでより遠く


 

今回で基本練習は最後になります。

 

最後の練習は上下撃ちと、右手親指の残りの操作分について説明したいと思います。

 

まず、コントローラーそのものをかたむけると、中央のカーソル(マト)が動いて、狙いをつけられるのは、チュートリアル(操作説明)の最初でもあった通りですが、

 

 

さらに、コントローラーそのものを上にどんどんかたむけると、上を見上げ、

 

 

下にどんどんかたむけると、見下ろす事ができます。

もちろんこの状態でもショットやボムで攻撃できます。それが上下撃ちになります。

 

対戦でも、高い所にのられた時、逆にのった時は、この上下の攻撃を使い分けて応戦することになりますので、これも重要な操作です。

 

・・・と言っても、これは、最初にコントローラーをかたむけた時点で、気がつかれた方も多いと思いますので、右手親指の残りの操作分と一緒に練習してしまいましょう。

 

 

Xボタンで戦況確認

 

操作方法はこちらです。

 

 

今回も家(シオカラ亭)の前からスタートします。

 

 

まず、上のラッパ(?)が敵だと思って、コントローラーを上にかたむけて、Bボタンでジャンプをしながら、ZRボタンでショットしましょう。Rボタンでボムを投げてみてもOKです。

別にここでジャンプは必要ないのですが、右手親指のボタンの切り替え練習のためにもやっておきましょう。

 

 

そしてインクがなくなったらZLボタンで回復なのですが、今回はイカになって潜ったら、Xボタンも押して、マップを呼び出します。「マップ確認」と声を出してみてください。

ここはタコツボキャニオンのステージ外なので、他のメニューもまとめて表示されますが、対戦ではマップのみ表示されます。

 

この時、まわりの時間は止まっていますので、もう一度Xボタンを押してマップが閉じてから、そのままインクを満タンまで回復しましょう。

なお、対戦やタコツボキャニオンの内部では、マップを見ている間もまわりの時間は止まりませんので、勘違いされませんように。

 

いざ対戦で、のんきにマップを見ていると、その間は棒立ちでスキだらけになってしまいますので、イカになってインクに潜り、姿を隠して回復している間に、マップを確認するのが定石になります。

 

対戦では一瞬でもマップを開いて、インクの塗り状況、味方の位置、ギアの性能などを確認できれば、断然有利になります。(※これは実際の対戦時のマップです)。

基本的に、インク回復の時は、Xボタンを押してマップを見るクセをつけておきましょう。Xボタンでマップ確認!です。

 

 

インク回復が終わったら、屋根の上に登りましょう。

今度はコントローラーを下にかたむけて、ホタルちゃんにジャンプしながらショットとボム。今度は下方向を狙う練習もしておきましょう。

インクが切れたら同じように、回復時にXボタンで「マップ確認」です。

ちなみに、ホタルちゃんは攻撃が当たると、カサでガードするので分かりすいです(笑)

 

 

色々重要 Aボタン

 

続いて、Aボタンですが、こことは別のルール、「サーモンラン」の時に、金のイクラをカゴに入れる時、「ガチアサリ」の時にアサリを投げる時などに使います。

各モードで重要な動作になりますので、スムーズにAボタンも押す練習をしておきましょう。

 

これも忘れないように、「カゴ入れ」「アサリ投げ」と声に出してやってみてください。

 

そのほか、タコツボキャニオンではキャラクターに近づいて押すと、会話する事ができますので、ホタルちゃんでAを押す練習をしてみましょう。

ホタルちゃんの上にと表示されているのが確認できます。お話できたらOK。Aボタンを押せています。あまり連発で会話するとこのように疲れてしまいます(笑)。

 

ここではホタルちゃんとお話するくらいですが、Aボタンで、カゴ入れ! アサリ投げ! です。

 

 

最後の切り札! 右スティック

 

さて、使っていない右手親指の操作は、いよいよ右スティックのみになりました。

 

「え?画面の回転でもう使ってるんじゃ?」と思われたでしょうが、実は右スティックはボタンにもなっています。押しこむと、カチッ と言う音が聞こえると思います。

 

これは戦局を一変しうる必殺の「スペシャル」の発動ボタンになります。

 

今は使えませんが、いざと言う時のために、右スティックのボタンを押す練習をしておきましょう。忘れないようにこれも「スペシャル発動」と声を出してやってみてください。

「スペシャル発動!」 右スティックをカチッ。押し込むと言っても、軽くカチッと音がすればOKです。

 

ここまでをおさらいすると、

 

  1. 屋根の上のラッパにショットとボム、インク回復時にXボタンも押して「マップ確認」
  2. 屋根に登って、ホタルちゃんにショットとボム、インク回復時にXボタンも押して「マップ確認」
  3. ホタルちゃんのそばでAボタンを押して「カゴ入れ」「アサリ投げ」
  4. 右スティックを押し込み「スペシャル発動」

 

これをコントローラーを見ないで、10回ずつおこないましょう。

 

 

視点が変な時は Yボタン

 

コントローラーを上か下にかたむけている時に、間違ってYボタン(カメラリセット)を押してしまうと、あさっての視点になってしまう時があります。

 

その時は、あわてずにコントローラーを楽にかまえて、もう一度Yボタンを押して、カメラリセットしましょう。視点を自動的に正面に戻してくれます。

激しくコントローラーを動かすゲームなので、知らない間にカメラが勝手にズレてしまっている事もあります。操作感覚がおかしいな?と思ったら、これで修正しましょう。

 

このYボタン(カメラリセット)も含めると、右手親指の操作分はすべて含まれますが、Bボタン Xボタン Aボタン Rスティックボタンの練習中は、Yボタンを押さないように注意して練習しましょう。

 

くどいようですが、視点がおかしくなった時は、コントローラーを楽にかまえてYボタン!です。

 

 

今までのまとめ

 

以上で基本操作編は終了になります。おつかれさまでした。

 

最初はちょっと混乱するかもしれませんが、何度も動かしているうちに指先の感覚だけで、どこを押しているか分かるようになります。

スムーズに、そして完璧にボタンを押せるように繰り返し練習しましょう。

 

途中でも書きましたが、この基本練習は、初心者の父のために考えたものです。

どの部分が分からなかったのかを聞いて、重要な部分を重点的に練習できるようにしました。

 

ですので、今までの

 

1 今日から始めるスプラトゥーン2 初心者講座 その4 基本練習#1 「奥行き」を実感しよう

 

2 今日から始めるスプラトゥーン2 初心者講座 その5 基本練習#2 コントローラーを見ないで動かそう

 

3 今日から始めるスプラトゥーン2 初心者講座 その6 基本練習#3 イカジャンプでより遠く

 

4 今日から始めるスプラトゥーン2その7 初心者講座 基本練習#4 上下撃ちと右手親指の操作 ←今ココ

 

は、特に覚えてもらいたい順番にならんでいます。

 

最初の操作練習(チュートリアル)

今日から始めるスプラトゥーン2 初心者講座 その2 まずはここから! 主人公を動かしてみよう

 

と、組み合わせてもらえれば、必ず基本が身に付くとお約束します。

あわてずに、ゆっくりとマスターしていってください

 

 

次回は基本操作の総集編、

タコツボキャニオンのステージ1を攻略したいと思います。

 


続きはここをクリック

今日から始めるスプラトゥーン2 初心者講座 その8 タコツボキャニオン攻略へ