前回はここをクリック

ドラゴンクエストX(10)キャラメイクのポイントとコツ


前回の続きです。

 

ドラクエ10 選ばれし主人公は一人だけ!

 

前回のとおり、徹底的に吟味し、とらの子の主人公をキャラメイクできましたら、育てるのは、一人だけ、そのメインキャラのみと、心に決めておきましょう。

 

いきなりですが、これがドラクエ10を、最大限に楽しむためのコツだと思います。

 

このゲームでは、ストーリーや、育成などはオンラインRPGらしく、ぼう大な時間がかかってしまいますが、初プレイなら本当に楽しく、文字通り時間を忘れて楽しむことができます。

 

しかし、一人でも大変なのに、さらに2人、3人、有料で、最大5人まで増やせるからと言って、サブキャラたちの育成も始めてしまうと、もはや苦行でしかありません。

 

そうならないためにも、サブキャラは、メインキャラを活躍させるため、「時間のかからない金策だけ」で、サポートされるのを、私はおすすめします。

 

ただ、これは、おのおののプレイスタイルによるものですので、あまり強くは言えません。

実際、5アカウント以上、25キャラ以上を育てられて、一人軍団を結成されている、すごい方もいらっしゃいますし。

 

ですが、ドラクエ10のサブ育成は、確固たる信念と、目標がなければ、本当にいばらの道です。「なんとなく」で始めてしまうと、ずるずると、そして、引き返せなくなる点だけは、くれぐれも、ご注意ください。

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 自分で決めた主人公はただ一人

※ 選ばれし勇者はただ一人!(私の中では)

 

ドラクエ10 調理はローリスク ハイリターン 

 

それでは、メインキャラをサポートするための、「時間のかからない金策」なのですが、ズバリ、ドラクエ10で、もっとも簡単な金策とは、調理職人ギルドの依頼です。

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 最高にお手軽な金策

 

職人になると、それぞれのギルドマスターから、毎日依頼がきて、それを納めると報酬がもらえるのですが、7年間、いろいろな職人を試した結果、この、依頼内容は、調理だけ、ずば抜けていると確信しました。

 

一応、ほかの職人の、赤(めずらしい)依頼は、調理より高く設定されていることが多いのですが、調理は、それを超えるメリットがあります。

 

たとえば、下の例ですが、

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 あいじょうオムレツ

あいじょうオムレツ 材料(費)

しもふりミート 8500G*2 しんせんたまご 180G*6

びっくりトマト 3000G*3  こくうまソース 294G*3

デリシャスソース 300G*12

合計すると、31562Gとなり、

報酬の48100Gから引くと、16538Gになります。

 

この報酬だけでも大きいですが、大成功の☆☆☆ができた時に、それは納めずに、バザーに流すと、130000Gくらいで売れます。

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 あいじょうオムレツ 価格

☆☆以下になると、ガクンと値が落ちますが、納品と言う受け皿があるため、マイナスになりません。

 

また、これはしもふりミートを使う料理なので、材料費が高くなっていますが、↓のキレキレキッシュの赤依頼の場合、

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 キレキレキッシュ 調理 材料安い

おおとろの切り身 450G*2 みかわしそう 310G*8

びっくりトマト 3000G*4 ごくじょうソルト 280G*2

デリシャスオイル 300G*16

合計20740G

報酬の60000Gから、引いても39260Gの儲けがでます。

なお、こちらも大成功品を、バザーに流すと、120000Gくらいになります。

 

このように、料理は消耗品なので、つねに需要があり、かつ高額で売れるのに、失敗した時も、儲けが大きい依頼が頻出するのが、調理職人のすごいところです。

 

たとえ、調理をするのがめんどくさいから、「いっぱつ仕上げ」(大成功品はできないけど、一瞬でできる調理)を、5キャラ分おこなったとしても、一日5~10万は儲かるでしょう。

その場合、所要時間は10分もかかりません。

 

もちろん、ふつうに調理した場合は、うまく大成功品を、たくさん作ることができれば、50万G以上も夢ではありません。

 

これが、私が調理職人をおすすめする理由です。

 

ほかの職人は、とにかくバクチ要素が強く、最初のレビューでも少しふれていましたが、失敗すると100万G超の損失はザラです。

とくに、武器、防具職人の、最新の装備は、手持ちに数億Gはないと、まともに職人はできないでしょう。そのぶん、本当の意味での大成功だと、ばく大な儲けがあるらしいですが・・・

 

コツコツと、しかし、所要時間はすくなめに、確実に儲けたいなら、調理職人1択だと思います。

 

ドラクエ10 調理のワンポイント

 

そんな調理ですが、一応、注意点もあります。

 

まず、材料である、主に、しもふりミートと、びっくりトマトが新しい強敵チャレンジが実装された時などに、高騰することがあります。

そうなると、納品では儲けが低くなってしまいますので、安い時に、大量に買い込んでおきましょう。

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 びっくりトマトは安い時に大量購入

トマトは現在3000Gくらいですが、十分安値圏です。

大成功品の☆☆☆は、材料が高騰した場合、バザーでも高くなりますので、材料を安い時に買えていれば、儲けがアップします。

 

次に、高額の依頼が出始めるのは、だいたい調理職人レベル25前後くらいからです。最初から、儲けが大きいわけではありません。

いっぱつ仕上げも、☆☆で一定の確率、☆☆☆なら、確実におぼえますので、納品をこなし、練習をかさねて、上達していきましょう。

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 最近実装された 職人練習場

最近、職人練習場も、実装されましたので、そちらで、練習されるのもおすすめです。

 

 

また、大成功品を狙う時は、「超フライパン☆☆☆」は必須です。それ以下では、かなり難しいでしょう。

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 超フライパン以上は必須

逆に、いっぱつ仕上げの料理は、ほとんど変わりませんので、店売りの、鉄のフライパン(800G)で十分です。

 

最後に、需要の少ない料理は、☆☆☆だったとしても、バザーでも安い&売れませんので、依頼がきた時は、いっぱつ仕上げして、納品してしまいましょう。

 

おすすめ料理は、

 

・きようさにくまん ・アクロバーガー ・あいじょうオムレツ

・バトルステーキ  ・マジックスープ ・キレキレキッシュ

・バトルパッツァ  ・バランスパスタ ・匠のチャーハン

・ズッシリゾット  ・クイックケーキ ・ファイアタルト

・ダークタルト   ・ストームタルト

※ほかの料理も、強敵チャレンジなどの内容しだいで需要があがったりします。

 

値段が変動する時もありますが、これらは、バザーで、だいたい高めです。依頼がきた時は、☆☆☆を狙いましょう。

中には、☆☆でも、黒字になるものもありますので、チェックしてみてください。

 

なお、クイックケーキと、きようさにくまんは、超フライパン☆☆☆を使うとちょっともったいないので、銀のフライパン☆☆☆を使ってもOKです。

 

おわりに

 

最初のレビューでも書いていましたが、ふつうにストーリーを進める分には、失敗品でも問題がなく、それだけなら、こういった金策も必要がありません。

しかし、ドラクエ10を遊んでいて「もう少しコンテンツに手を出してみたい」と思った時に、たくわえがあるとやはり安心です。

 

メインキャラを一人だけと決めておけば、サブキャラの売り上げを全部(材料費のぞく)まわすことができますので、調理職人以外に、時間のかかる金策をしなくても、買い物なども、かなり自由がきくようになるでしょう。

 

 

※ さすがに、腕試しコンテンツである、強敵チャレンジの実装初日の最速討伐などになると、「億」単位の装備が要求されることもありその場合はとうてい足りませんが、のちに、新装備が実装されたりすると、挑戦しやすくなってきます。

そうなれば、調理職人の儲けだけでも手が届きますので、挑戦してみたい方は、あわてずに、たくわえておきましょう。

ドラゴンクエストX(10) 楽しむコツと金策 強ボスチャレンジはあわてない

 

メインキャラだけの冒険と、サブキャラの時間のかからない金策で、無理することなくドラクエ10の世界を、楽しんでみてください。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 


ゲームレビュー: ドラゴンクエストX(10)おそれず始めるドラクエ初のオンライン

ドラゴンクエストX(10)キャラメイクのポイントとコツ


スイッチ版 バージョン1~5セット


プレイステーション4版 バージョン1~5セット


ウィンドウズ版 バージョン1~4セット

バージョン5