ポケモン剣盾 レビュー タイトル

 

もはや説明不要と思われる「ポケットモンスター」(ポケモン)シリーズ。

やったことはないけど、名前だけは聞いた事がある。と言う方も多いのではないでしょうか。

 

1996年に第1作目が発売されて以来、新作が発売されるたびにミリオンは確定と言う、もはや、ゲーム界の「ポケット」ならぬ「ビッグ」モンスターです。

 

そして最新作「ポケットモンスター ソード&シールド」(以下剣盾)が発売されましたが、今作も、やはり「ポケモン」の名に恥じない作品でした。

歴代のポケモンプレイヤーはもちろん、RPG初心者にも優しいつくりになっているため、誰が遊んでも楽しめるようになっています。

 

今回はこのゲームで「RPG」を始めるのに、おすすめできる所もレビューしていきたいと思います。

 

 

テレビゲーム初心者も「超」安心

 

このブログでは、「ゲーム初心者でも遊べるか」を評価のひとつにしていますが、最新作の「剣盾」は遊びやすさに関しては、今までのどのゲームよりも、「最高峰」と言えるでしょう。

 

ポケモンのゲームのジャンル(種類)はRPG(ロールプレイングゲーム)と言いまして、有名なところだと、ドラゴンクエストがあります。

 

ふつうのRPGだと、キャラクターの装備、回復、蘇生など、とにかくお金の管理が必要になってきますが、まず「ポケモン」は、装備の概念がありません。(基本服を着ませんので(汗)。)

ポケモン剣盾 レビュー ドラクエ比較

※この画面はドラゴンクエスト1です。

 

それに、回復、蘇生は、まとめてポケモンセンターと言う施設で、何度でも無料(タダ)でおこなってくれますので、お金がないという状況でも、手詰まりにならなくなっています。

ポケモン剣盾 レビュー ポケモンセンター

 

 

また、行き先がわからなくなっても、むかう先に、友達のホップが先に行ってくれていたり、

ポケモン剣盾 レビュー ホップ 先行

 

 

今の段階ではいけないところは、呼び止めてくれたり、通行止めになっているので、迷う心配がありません。

ポケモン剣盾 レビュー ホップ 草むら注意

 

バトルに関しても、最初にもらうポケモンは強く、それだけで勝ち進めることができますが、負けてしまったとしても、ポケモンセンターに戻されるだけで、ほぼデメリットがありません。

 

つまり、本当にこのゲームで、テレビゲームを始めた方でも、できる範囲のことを、手探りでやっているだけでも、確実に進められる。安心のゲーム設計になっています。

 

過剰とも言える親切ぶりですが、「最後まで誰でも絶対にクリアさせる」ことをここまで徹底されると、もはや脱帽と言えるでしょう。

 

弱点を知らなくても大丈夫! 努力は実を結ぶ

 

ゲームの進行に関しては安心でも、ポケモンバトルに関しては、「相性や、育て方、性格などを意識しないと勝てない」と、うわさで聞いたことがある方もいると思います。

 

しかし、それは 対戦(対ほかのプレイヤー)のことですので、ご心配なく。

一人用の、チャンピオンを目指すモードでは、「育て方」などは、まったく意識する必要がありません。

 

意識する必要があるのは、タイプの相性のことだけですが、ホップと対戦した時に、弱点をつくとほめてくれるので、存在を意識できますし、

ポケモン剣盾 レビュー ホップ さすがだぞ!

 

弱点を知らなくても、一度でもバトルしたことのあるポケモンは、どれが「こうかばつぐん」かわかるようになっています。

ポケモン剣盾 レビュー こうかばつぐん

 

とくにジムリーダー(ボス)戦などでは、負けてしまったとしても、

 

・再戦により、どれがこうかばつぐんかわかる。

・前回倒せたポケモンから経験値が入って、レベルが上がっている。

 

などから、あきらめなければ必ず勝つことができます。

 

相性は重要ですが、それを知らなかったとしても、誰でもチャンピオンを目指すことができるのが、このゲームのいい所です。

 

 

さらにいきいきとしたキャラクター達

 

人物、ポケモンと言ったキャラクターたちも、高性能なスイッチに変わったことにより、より綺麗に描写されるようになりました。

ポケモン剣盾 レビュー ヒバニー サルノリ メッソン

 

「剣盾」の詳細が公開された時に、登場ポケモンは全種類ではなく「400」匹と発表された時は、大バッシングが起こってしまいましたが、「400」にしぼれた分、よく作りこまれています。

 

(なお、この大バッシングは、それぞれが思い入れのあるポケモンを持っていると言うことなので、逆に言えば、「ポケモン」がどれだけ人気のあるシリーズかを証明する形になりました。

ふつうのゲームではこんなことは起こりえません。)

 

バトル時はもちろん、それ以外でも、キャンプなどで、一緒に遊んだり、カレーを作って食べたりと、のんびりとポケモンと、たわむれているだけでも楽しめるでしょう。

ポケモン剣盾 レビュー グレイシア ウオノラゴン

 

主人公は、等身がイラストに忠実になり、よりかっこよく&かわいくなりました。表情も豊かで、見ていて飽きません。

ポケモン剣盾 レビュー ユウリ ホップ

 

前作である「サン&ムーン」では、どんなシリアスな状況でも、なぜかほぼ一貫して「笑顔」だったため(汗)、反省が生かされた形になりました。

 

おしゃれ装備も等身が上がったことで、見た目も映えるので、より、「自分だけの主人公」の作りがいがあると言えるでしょう。

アイテムもぼう大な数なので、きせかえゲームとしても十分楽しめます。

ポケモン剣盾 レビュー きせかえ

※私のセンスは壊滅的です。

 

欲を言うなら、おしゃれ装備をアピールできるのは、通信でマッチングした時くらいですので、ワイルドエリア内では自転車に乗った時は、そのまま乗って欲しかったですね。

みなさんのおしゃれ具合を満喫したかった。

ポケモン剣盾 レビュー 自転車乗ると皆同じ姿

※自転車乗ると、みんな一緒!

 

ストーリー自体も「主人公の少年or少女がポケモンバトルのチャンピオンを目指す」と言う定番のもので、キャラの好みなどの感じ方は違うでしょうが、とくに問題はなく、誰でも楽しめると思います。

 

いわゆる黒い任天堂(黒いゲーフリ)要素も今作は、少なめです。

 

鬼畜孵化作業も軽減? 対戦にいたるまでも

 

ちょっとマニアックな話になりますが、「対戦(対ほかのプレイヤー)用のポケモンを育てる」部分に関しても、元の性格はそのままで、「性格によって上がりやすい能力」が変えられる、ミント系のアイテムが登場しました。

 

これにより、オニもはだしで逃げ出す(と思われる)タマゴ孵化作業が、大分、軽減されたように感じます。

ポケモン剣盾 レビュー 育成 ミント系

 

個人的に、「性格を変える」アイテムでなかったのは、ポケモンの個性を大事にしてくれているように感じて、うれしかったですね。

そうでなかったら、相変わらず、クローンポケモンもびっくりの「いじっぱり ひかえめ ようき おくびょう」ばかりだったでしょう。

 

  • 前々作の「とくせいカプセル」(特性を変更できる)
  • 前作の「すごいとっくん」(通称個体値を限界までアップ)
  • 今作で「ミント系」(性格により上がりやすい能力の変更)

と、ここまで来たら、「遺伝技(にあたるもの)」「隠れ特性(解禁されれば)」もバトルタワーなどで手に入るアイテムで、習得できるようになるように、期待しています。

(できるなら、必要BPの低下や、すごいとっくんはLV50からできると、なお嬉しいのですが・・・)

 

ポケモンが育成物のゲームである以上、対戦に出せるようになるまで、ある程度時間がかかるのは、仕方がないと思うのですが、そのための努力の方向が、メタモン「うむきかい」なのは、やっぱり、何か違う気がしますので・・・。

まあ、ポケモンは、ふしぎなふしぎないきものなので、いきものの概念が、違うのかも知れませんが。

 

ともかく、お目当てのポケモンが育成しやすくなり、対戦までの敷居が下がったのはよかったと思います。

 

ただ、対戦そのものに関しては、シリーズ通しての欠点(と思われるもの)は変わっていませんので、いつか書きたいと思います。

 

※ ポケモンをプレイされていない方にはナンノコッチャな話ですいません(汗)。

 

剣盾 最大の問題点

 

ストーリーやシステム上で、特に大きな欠点も見当たらない良いゲームなのですが、これだけは本当に「悪い」と言える部分があります。

 

それは、ワイルドエリア内で、ダイマックス(巨大化)したポケモンたちと、ほかのプレイヤーと自動でマッチングして、協力して戦えるモードがあるのですが、これが、ポケモンを冠してるとは思えないポンコツぶりです。

ポケモン剣盾 レビュー 欠点 問題点

 

とにかく、ほかのプレイヤーが集まらない&募集がかかっていても、時間切れか、すでに締め切られていることが多く、まともに遊べないことが、本当に多いです。ポケモン剣盾 レビュー 欠点 問題点 入れない

 

プレイヤー同士が集まることが前提なので、コンピューターのサポート仲間は弱く、あまり頼りになりませんし・・・。

 

対策として、

・ほかの通信要素と同じで、募集をかけたら自由に動き回れて、4人が集まったら下の画面になって始まる。

ポケモン剣盾 レビュー 欠点 問題点 

・制限時間を10分くらいにする。

・自分が挑戦するポケモンに、ほかのプレイヤーが同じポケモンに挑戦した時は、同じポケモン同士でマッチングしていく。

 

などが、考えられるのですが・・・。

 

協力して、強敵を倒すと言うのは、スプラトゥーン2で言う、サーモンランに近いものがあり、それ自体は大変楽しいものなのですが、「剣盾」の大きなウリのひとつである「ダイマックスバトル」で、この遊びにくさは致命的、最大の問題点と言えるでしょう。

 

ミリオン単位で通信がつながることを想定していなかったとしか思えません。この部分だけは残念でした。

 

初心者は想像を上回る 

 

例によって、永遠のゲーム初心者、ウチの父に遊んでもらいましたが、のんびりプレイしていき、1ヵ月ほどで、無事チャンピオンになることが出来ました。

父でもクリアできたあたり、やはり優れたゲームデザインだったと言えるでしょう。

いわく「ストーリーとかよく分からなかったけど、俺でも遊びやすかったので、やってたらクリアできた」だそうです(笑)

 

とは言え、リードが必要なところもありましたので、書いてみたいと思います。

 

まず、「ポケモンをゲットしようとしなかったこと」が、あります。

最初にダンデがゲットのお手本を見せてくれますが、「バトル中にバッグを開いて、ボールを選ぶ」と言う概念が頭にないため、ずっと最初の1匹だけでバトルをしていました。

ポケモン剣盾 レビュー 初心者が気がつきにくい所

バッグを開いても、持っているのは「見えているアイテムだけ」と思い込んで、カテゴリー(種類)別があるとは思わなかったようです。相変わらず情けない話ですが・・・。)

一番左のカテゴリーは、ALL(全部)でも良かったかもしれません。

 

捕まえた数が0のままホップに会いに行くと、こんなセリフを言われますが、

ポケモン剣盾 レビュー 初心者が気がつきにくい所2

なぜ0匹なのか考えてください・・・

 

まあ、仲間をゲットしない制限プレイ中、と言うこともありますので、「もしかして、ゲットのしかたを忘れちゃったのか!?」と出て、「はい」を選択した場合のみ、手持ちが6匹になるまで、つきあってくれたりすれば良かったと思います。

 

そして、一度行ったところへ、瞬間移動できる「そらとぶタクシー」ですが、これも重要にも関わらず、最初にサラリと説明してくれるだけですので、使わずじまいになってしまっていました。

 

これの使い方も、タウンマップを選択、水色の羽マークのある所なら飛べる。と言うシンプルなものなのですが・・・

ポケモン剣盾 レビュー 初心者が気がつきにくい所3

これも、しばらく使わないで進めた時に、「使い方忘れた?」→「はい」の場合のみ、実際に使ってみるまで、ゲームが進行しない、などあると良かったのですが。

 

「こんなのも分からんのか」とツッコミを入れられそうですが(汗)、プレイを見ていると、意外な所で引っかかったりするな~と思います。

 

その父ですが、今は図鑑の完成を目指して、図鑑の「今日のおすすめ」を参考に遊んでいます。「何かを集める」と言うのは、やはり誰でも楽しく感じるようです。

 

まとめと、少しRPG講座

 

本当は、初代「ドラゴンクエスト」を「今日から始めるRPG」のタイトルにするつもりでしたが、RPGを始められるなら、この「ポケットモンスター ソード&シールド」のほうがいいと思います。

前述の通り、それくらいRPG入門としてもすぐれていますので、おすすめです。

 

ゲーム内容も、ゆいいつ、ダイマックスバトルの欠点はありますが、それ以外では目立った問題点もなく、正常進化した、新世代のポケモンと言える作品に仕上がっており、歴代のポケモンプレイヤーも、満足かと思われます。

追加コンテンツで、今年中に新しい冒険の舞台が用意されたり、「400」だった、ポケモンの数が大幅に追加されたりと、発売からしばらく経ちましたが、まだまだ長く楽しむことができるでしょう。

ポケモンの旅は終わりません。

 

最後にすこし、「ポケモン」「ドラクエ」などのRPG共通のコツを書かせてもらいますと、

  • 町の建物など、入れるところには全部入る。
  • タンスや宝箱は、かかさずチェック。
  • 町の人とは全員と「必ず」話す。

が、あげられます。

 

とくに初代ドラクエなどでは、「話を聞いて、次に行く場所を決める」のが基本ですので、話を聞かないと、次に行く場所もままなりません。

ポケモン剣盾 レビュー ドラクエ比較2

ポケモンでは、話を聞かなくても進められるように作られていますが、そのかわり「アイテムをもらえる」ことが多く、決してムダではありません。

また、状況や世界観を知るうえでも、重要と言えるでしょう。

 

そのうえで、基本システムが似ているポケモンと比べた場合、どこが違うのか、と、考えれば、他のRPGも問題なくプレイできると思います。

きっと、「RPGの楽しさ」を満喫することができるでしょう。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。